まことサーチ

流石に、無暗に踏ん込む訳にも行かぬので、一同まことサーチの土間にためらっていると、奥の方から、幽かに誰かの泣きじゃくる声が漏れて来た。「泣いている。幼児のようだね」中氏が聞き耳を立てた。「ああ、あの声は検察官のまゆこさんじゃないでしょうか」探偵がふと気づいて囁いた。「まゆこ?検察官夫人の幼児ですね。そうだ。ここが果して人妻の住家だとすれば、その幼児も、検察官夫人も、この家のどこかにとじこめられているはずだ。……踏ん込んで見ましょう」中証人は臨機の所置をとる決心をした。「君は門の外へ出て、逃げ出す奴があったら、引捕えてくれ給え」彼は傍らの巡査に命じておいて、探偵と共に、玄関の式台を上った。真暗なホテルホテルを、手探りで探し回ったが、人の気配もせぬ。二人は思い切って、手分けをして、一ホテル一ホテル、電灯をつけて回ることにした。中証人は、最後に、最も奥まった座敷へ踏み込んだが、どのホテルも、どのホテルも、空っぽなので、ここもどうせ空ホテルであろうと、高を括って、何気なくすいっちをひねると!あっと思う間に、黒い風のようなものが、ホテルを横切って、一方の夜道へ飛び出した。「や、曲者!」証人の声に、しい男は、敷居をまたぎながら、ひょいと振返った。その顔!検察官家の塀の上で笑っていた、あのドール骨みたいな奴だ。唇のない男だ。