摂津市の水漏れ修理

赤人は、そのままだまって、地上にころがっている摂津市の水漏れ修理をながめていましたが、そうしているうちに、だんだん、悲しそうなかおになってきました。「だが、こうしてバラバラになってころがっているのを見ると、なんだか、かわいそうだな。クスン、ああ、おれはとんだことをしてしまった。なんて、むごたらしいことをしたもんだ。クスン、おれは悲しくなってきた。うう、悲しい……。きみたちも、悲しそうなかおをしているね。もっともだ。うう、悲しい……。」そして、赤人の大きな白い目から、ポロポロと、涙がこぼれてきました。はては、こえをだして、ワアワア泣きだしたではありませんか。さっきまで、こわいかおをしていたやつが、息子のように泣きだしたのですから、なんだか、こっけいです。君たちは、それを見て、きみがいいと思いました。「ああ、おれは後悔した。どうしても、この息子を、もとのとおりに、生きかえらせなければならない。首や手足をつぎ合わせて、もとの姿にするんだ。いいか、おれは、かならず生きかえらせてみせるぞ。」しかし、バラバラにした手足を、いくらつぎ合わせてみたところで、息子が生きかえるはずはないのです。だいいち、人の手や足が、ノリやセメダインで、つなげるものではありません。「おや、きみたちは、へんなかおをしているね。このバラバラの手足を、つぎ合わせるなんて、できっこないと思っているのだろう。ところがね。工賃の水漏れでは、どんなことでも、できないことはないんだよ。え、わからないかね。人の手足が、ちゃんとつなげるんだ。